• ホーム
  • 低用量ピルの種類とその効果とは

低用量ピルの種類とその効果とは

若い女性

低用量ピルは元々避妊用に使用されていた薬ですが、女性ホルモンのバランスを整え、酷い月経痛を抑えてくれる効果もあるため、最近では体調管理のツールとして使用されることも増えてきました。

低用量ピルには幾つか種類があります。
全錠剤が同じホルモン量の一相性ピルと、ホルモンバランスに合わせてホルモン量を調節してある段階型ピル(二相性ピル、三相性ピル)があります。
一相性ピルは飲む順番を間違えても問題ありません。
段階型ピルの場合は飲む順番が決まっており、飲み間違えると場合によっては不正出血を起こしたりすることもあります。
その代わり、自然に近いホルモンバランスになるため、副作用が軽くなるという利点もあります。

また、低用量ピルには21錠入りのものと28錠入りのものの2種類があります。
21錠入りは休薬期間を設けるため、次のシートに移る日にちをしっかり把握しておかなければなりません。
28錠入りは中にプラセボという偽の薬が7錠含まれています。
その代わり飲み忘れがしにくくなります。
効果に変わりはないので、飲みやすい方を選ぶようにしましょう。

低用量ピルは一般的な薬局などでは販売されていません。
既往歴や体質によっては服用することが出来ませんので、必ず医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。
その際に自分の体や生活スタイルに合う種類のピルを選んでもらいましょう。

低用量ピルは服用し忘れると避妊効果が下がってしまいます。
本来の服用予定時刻から12時間以内であればセーフですので、飲み忘れに気がついたらすぐに服用するようにしましょう。
出来るだけ毎日決まった時間に服用することが重要ですので、飲み忘れをしないように心がけることが大切です。
毎日の習慣の中に取り込んだり、アラームをセットするなど、工夫するようにしましょう。

最近の投稿